ゴルフ入門

ゴルフ入門〜マナー&ルールを覚えよう〜

 


ゴルフをすでに10年やっている人も意外にゴルフの詳細なルールが抜け落ちている人がいます。
どれだけゴルフが上手くなってもルールを把握できてなければ本当のゴルフとは言えませんよね。

 

ゴルフ初心者から上級者まで、もう一度ゴルフのルールブックを理解して、他のプレイヤーから指摘を受けないような恥ずかしいゴルフをしないように勉強しましょう!

 

 

ゴルフ場へ入る時点での服装

現在のゴルフ場ではかなり服装に関してはゆるくなっていると感じますが、それは主にパブリックゴルフでのこと。たまに見かけますが、ジーンズにTシャツというラフな服装はゴルフではご法度。

 

老舗ゴルフ場のような名門では綿パンにジャケットがゴルフでの正装となるので、襟がないものは入場を断られることがあります。

 

プレイ中のゴルフの服装に関しても同様のことが言え、襟付きのシャツに短パンならロングソックス、基本は綿素材の長ズボンです。また頭にはキャップ着用と決められています。

 

ゴルフ系の洋服は普段着と異なり価格が高いことが基本ですが、もしそれが嫌なら素材が守られて入れば問題ないでしょう。

 

 

ゴルフは紳士のスポーツ。一人よがりの行動は慎むべきです。

 

ティーグランドでのショットにはティーを使用しますが、打った後にいつまでもティーを探す人がいたりします。時間をかけていつまでも探す人は一緒に回っているプレイヤーの遅延になるだけでなく、後ろの組、またその後ろの人の組にまで迷惑をかけてしまっていることを考えましょう。

 

ひとしきり探したら、諦めてティーグランドを後にすることがプレイヤーの基本です。
元々ティーは自然に戻るような素材で作られていますので環境破壊にもつながりません。

 

またプレイング4が設定されているコースは遅延を解消させようとしているゴルフ場のローカルルールです。プレイング4が設定されているホールでOBが出てしまったら、前に進むようにしましょう。

 

細かいことですが、他の人に迷惑をかけないようにプレイすることはゴルフというスポーツの根本にかかわるルールです。コース上以外でも、常に回りに気を配れる人こそが真のゴルフプレイヤーと言えます。

 

かの有名な石川選手もトイレの手洗い場を使った後では飛んだ水しぶきを丁寧に拭いてから出ていくそうです。それほど紳士に立ち回る姿が必要なスポーツとも言えます。

 

 

本日の一言

この本日の一言ではゴルフに問わず趣味の話も交えて書かせてもらってます。お暇な人は読んで下さいませ。

 

ゴルフを始めてはや10年が立ちますが、なかなか80を切れません。そんな私が今一番悩んでいるのは、「オーバースイング」
原因は体本体と手が上手く連動せず、最後に手で上げてしまっていることが原因と考えてますが、これが中々修正できない。
プロとアマの大きな違いはテイクバックが小さいか大きいかが一番の特徴に上がると思います。小さくコンパクトにテイクバックをしたいとここ最近は四苦八苦の毎日です・・・。

 

 

他の趣味ではパチンコとパチスロも大好きですが、こちらはパチスロ必勝法を駆使してからは調子が上昇中!同様にしてゴルフでも復調を目指したいのですが、それほど簡単ではないですね!

 

 

 

 

私は男性ですが、藍ちゃんのようなスイングに憧れています!

 

彼女の練習方法は全てが理に叶った練習方法で、練習時間の使い方ではとても勉強になりますよ!

 

ゴルフ初心者の方でどんな練習をしたら良いのか迷っている人は、彼女の練習ドリルを動画で探して試してみる事をお勧めします。